手続きの流れ

住宅エコポイントや木材利用ポイントを加算するためには、手続きの流れを頭に入れる必要があります。

最初に、対象期間内に工事が着工しているのか調べて、ポイントの交換申請を行います。
工事が完了すると、申請書類を準備して、必要事項を記入していきます。
申請書類が仕上がると、申請窓口に直接出したり、事務局に郵送します。
これによって、ポイントが発行されて、加算したことに対しての通知が届きます。
この後、持っているポイントから、対象商品と交換する仕組みになっています。

書類には

住宅エコポイントや木材利用ポイントは、申請する時に必要な書類を手に入れることが大切です。
書類には2つほど種類があり、一軒ごとのポイントを証明する、戸別申請と、大変便利な一括申請と呼ばれるものがあります。

一般的に、住宅エコポイントや木材利用ポイントが付く建物は、一軒家のみのイメージがありますが、集合住宅なども対象住宅であれば、ポイントが加算されます。
このような場合に使うのが一括申請で、マンションやアパートなども、これで申し込むことができます。
分譲住宅などは、一括申請に含まれていませんが、全ての戸別申請資料をまとめて申請できます。

申請できるかどうか

住宅エコポイントや木材利用ポイントの対象が気になる場合には、申請できる対象住宅の要点をチェックする必要があります。

住宅エコポイント、木材利用ポイント共に、循環型社会を作れる住宅か評価してもらうことが大切です。
ポイント加算を行うためには、エコポイント制度や木材利用ポイント制度に基いているという証明書を作らなければなりません。
証明だけでもお金がかかるため、利用しづらい方もいますが、これによって数十万円分のポイントが加算される場合もあるため、対象住宅か調べてみましょう。

サイトをチェック

テレビやラジオで話題を集めている住宅エコポイントや木材利用ポイントの詳しい情報を知りたい方が多くなっています。
このような場合は、インターネットにある住宅ポイントや木材利用ポイントサイトを検索してみましょう。

サイトには、ポイントについて、様々な情報を掲載しており、用語集やQ&Aなどを調べることができます。
サイトの情報だけじゃ、分からないことがある場合には、問い合わせフォームから質問することが可能です。
ポイント交換システムで扱っている商品の種類を増やして欲しい場合には、意見フォームがあるので、簡単に希望を伝えることができます。